土地活用実例 倉庫・トランクルーム編

2018.12.12

倉庫・トランクルーム

相続コンサルタント会社 ニーズ・プラスコラム担当の野呂です。

最近、「貸し倉庫」「トランクルーム」といった看板をよく見かけるようになりました。これらは、「自宅に収納スペースがなく、毎日使わないものを別の場所に保管したい」という消費者ニーズの高まりを受けて提供されている、空間レンタル事業の一つです。コインパーキング同様、設置費用などの初期投資があまりかからないので、今後も収益拡大が見込まれる不動産活用方法として注目されています。

今回は、倉庫・トランクルームについて解説いたします。

倉庫・トランクルームの定義と特徴

倉庫・トランクルームには大きく分けて2種類あります。荷物をしまう場所が屋外にあるのが「倉庫・コンテナ」、荷物をしまう場所が室内にあるものが「トランクルーム」です。
倉庫・トランクルームは、日照、騒音、交通の便といった建物利用のデメリットをあまり受けません。また、「いずれマンションを建てるつもりだが、資金がないので当面の収益源にしたい」といった場合にも好都合な土地活用法といえるでしょう。

倉庫・トランクルームの種類にはどんなものがあるのか

一言で「倉庫・トランクルーム」と言っても、さまざまな種類がありますが、概ね以下のように分類できます。所有している土地にどの種類のものを建てるかは、土地との相性や周辺地域のニーズなどを考慮に入れる必要があるので、下記をご参照ください。

倉庫・コンテナ型

倉庫・コンテナ型は、物置やコンテナなどをまるまる提供する形態です。「コンテナ倉庫」「レンタルコンテナ」などと呼ばれることもあります。

なかでもコンテナは本来、貨物輸送に利用される容器ですが、耐久性の高さや設置の容易さといった、コンテナの持つ性質などから、物資の保管庫などにも使われるようになりました。

トランクルームが個人で利用されることが多いのに対して、倉庫・コンテナは、建設業者が工具や建材を保管するなど、業務で利用されることが多いようです。

倉庫・コンテナ型のメリット・デメリット

メリットは、コンテナ入口の扉前まで車で来て、荷物を運び入れできるところ。家具や家電などの重い荷物を運び込むのに適しています。広い土地を確保できる郊外に設置されることが多いようです。

反対に、倉庫・コンテナは外置きなので、倉庫・コンテナ内に埃や砂が入ること、空調や室内照明がなく、温度管理がしにくいことがデメリットです。また、車が通るスペースを考えると、ある程度の面積を確保する必要があるため、狭い土地に設置するには不向きといえます。

トランクルーム

トランクルームとは、ビルや専用施設のワンフロアをパーテーション(仕切り壁)で区切って作った部屋を利用者に貸し出すサービスです。郊外では、アパートのような建物を1棟建てて、トランクルームとして提供しているところもあります。

トランクルームのメリット・デメリット

屋内型の物置なので、雨や風、埃などの心配をせずに荷物を出し入れできるのがメリットです。また、建物入り口や部屋ごとに鍵を設置し、利用者以外は入れない仕組みを設けるなど、セキュリティ性が高いのも特徴です。

反対に、土地活用者目線で考えた場合、都市部以外ではトランクルームの認知度が低く、利用もさほど多くないこと、トランクルームを開業してから借り手がつくまでの期間が長いことなどがデメリットとして挙げられます。

倉庫・トランクルーム

倉庫やトランクルームを運営する上での注意点とは

建設予定地には倉庫・コンテナを建ててよいか必ず確認する

意外に見落とされがちなポイントですが、倉庫・コンテナは、建築基準法では建築物に該当しないものの、都市計画法により建築可能な地域が定められています。

土地活用で倉庫・トランクルームを建てる前には、必ずお住まいの地域の都市計画課に問い合わせ、建築可能かどうか、確認しましょう。

安心して管理を委託できる運営会社を選ぶこと

役所から倉庫・トランクルームを建ててよいという許可が下りたら、倉庫・トランクルームの運営会社を数社ピックアップし、見積もりや現地調査を依頼しましょう。
自分の土地に倉庫やトランクルームを建てる場合、どのくらいの収益を得られるのか、そもそも自分が所有している土地にはどんな倉庫・トランクルームが合っているのか、などを把握する必要があるからです。その中から、相談がしやすく、相性のよい運営会社を選びましょう。

基本的に、倉庫・トランクルームを建てると、造成から管理まで運営会社に依頼するケースがほとんどです。

底地でお悩みのときは「ニーズ・プラス」にお任せください!!

ニーズ・プラスは、東京や千葉、埼玉、神奈川を中心に、数多くの底地物件を取り扱い、豊富な実績とノウハウを有しています。

弊社が地主さんと借地人さんの間を取り持ち、底地にまつわる多様な知識を生かしながら、複雑化してしまった底地トラブルをスムーズに解決へと導きます。
お客様ひとりひとりとじっくり向き合い、お客様からご要望をお伺いした上で、内容に沿った最善の解決策をご提案。
弊社をご利用いただいたお客様からは、「トラブルを円満に解決できてよかった」「難しい取引も、すべてお任せできて安心できた」などと喜ばれております。

底地問題についてのお悩みは、ニーズ・プラスへご相談ください。

TOP