事例:東京75歳/男性
2019.05.15
地主様からのご相談内容

所有している底地と貸家について、自分たちの代で処分しようとは考えてはいませんが、子供たちに引き継いだら好きにして良いと思っています。引き継ぐにあたってアドバイスなどはありますか。

弊社の対応

このようにお子様方に選択を託すケースは少なくありません。
しかし代がわりすると、今よりも売りづらくなることが考えられます。
引き継ぐのが息子さんであっても奥方はお嫁さんの立場のため、親戚の方の目が気になり代々引き継がれてきたご資産を動かしづらいのが現実です。
そこで売却の提案をしたところ、底地のみ今の段階で売却いただくことになりました。

TOP